日常

メモの魔力を実践するために購入したモレスキンのノート。XLサイズにすればよかったと少し後悔した話

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『メモの魔力』を読んでモレスキンのノートを購入しました。

前田裕二さんが使っているのと同じ、ハードカバー方眼ラージサイズです。

ノートとしては少し値が張るので、実は「本当にこのノートでいいのか」など購入するまでかなり躊躇しました。

  • 実際に手にしてみての感想や後悔している
  • 購入する前に知っておきたかったこと
  • 実践するにあたって調べたこと

などについて共有するのでぜひ参考にしてください!

前田裕二さんが使っているモレスキンのノートはラージサイズではない!?

『前田裕二「メモの魔力」モデル』のモレスキンノートがありますが、そのノートはラージサイズです。

しかし、メモの魔力にノートの書き方の例として掲載されている画像を見ると、大きさがラージのノートXLのノートの写真で2種類載っています。

ということは、前田裕二さんが使っているノートのサイズは2種類あるようですね。

僕はよく調べもせず『前田裕二「メモの魔力」モデル』に合わせて、ラージサイズを購入したのですが、XLサイズの方が大きいのでおすすめです。

Amazonなら定期おトク便を使えばさらに割安で手に入ります。

線を引く位置は?どれくらいスペースをあけるのか?

メモの魔力を実践するために、ノートの線を引く位置について調べてみました。

『前田裕二「メモの魔力」モデル』だとはじめから線が入っていて、見開きの左側は上7マス、左5マスを空けて線が引かれています。

しかし、メモの魔力の画像だとラージサイズ上7マス、左7マスになっていて若干の違いがあります。

色々試して使いやすいスペースで線を引くのがいいと思いますが、前田さんの書き方に忠実に習いたいのであれば、通常モデルを買うほかありません

ちなみに『前田裕二「メモの魔力」モデル』と比べて、通常モデルの方が約1,000円ほど安く手に入ります。

線を引かなくてはいけない手間を1,000円で買えると考えると安いのかもしれませんが、僕の場合はとりあえず線を引く手間を経験するのもアリだと思い通常モデルにしました。

線は定規を使って引くかフリーハンドか?

線の引き方について「できれば定規を使って線を引いた方がいい」とメモの魔力に書いてありますが、読んだ当初はいちいち定規を持ち歩くのも面倒だなと思っていました。

しかし、実際にモレスキンのノートを手にしてみると、ノートのポケットに定規を入れられるので別で持ち歩く必要がありません。

思いのほか定規を持ち歩くことがストレスにならなかったので、線は定規で引くことをおすすめします。

まとめ

前田裕二さんに忠実に習いたいのであれば、

  • モレスキンのノートでラージサイズXLサイズ
  • 『前田裕二「メモの魔力」モデル』ではなく通常モデル
  •  Amazonだと定期おトク便でさらに割安

定規を入れておけるポケットがついているところなども、モレスキンのノートはメモの魔力を実践するのに(当たり前ですが)すごくピッタリなノートです。

他の安いノートにするのも選択肢として出てくると思いますが、一度くらいはモレスキンを使ってみることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です